アコのシークレット日記 バストアップ方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストアップ方法


バストアップ方法はあるのか?


 

当然ですが、バストの大きさには個人差があります。

豊かなバストには憧れがあり、そうでなければコンプレックスを持たれるかも知れません。
 
バストの大きさは女性ホルモンと深い関わりがあるのです。

 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つがバランスを保ちながら

分泌されています。

 エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンで卵胞ホルモンとも呼ばれています。

役目としては、子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体を作ったり、

肌の新陳代謝を高めます。

 プロゲステロンは、腎臓や卵巣でつくられる女性ホルモンで、黄体ホルモンと呼ばれています。

これは、エストロゲンの働きを補い、月経周期の維持や出産準備の機能を整えます。
 
女性ホルモンの分泌は20代から30代でピークを迎え、その後は年齢とともに減少し

50歳頃からは急激に減少してしまいます。

 思春期から成長期にかけて、この女性ホルモンが多く分泌されると身体に脂肪が多くつき、

バストも大きくなります。 
 
反対にこの時期に、スポーツなどによる過剰なエネルギー消費や精神的ストレス、過激なダイエット

などによって女性ホルモンの分泌が減少すると、バストの発育にも影響を及ぼすのです。

 バストアップには女性ホルモンの分泌を促進することが有効です。
 
バストアップする方法として、注射器による女性ホルモンの摂取が行われてきましたが、

近年、子宮がんのリスクなども明らかになっており、

バストアップの方法としては不適と言われてきています。

 最近は、女性ホルモンの分泌や働きを促すサプリメントやブラジャーが多く販売され、バストアップ

の手軽な方法として多くの女性に利用されています。

気にする女性は年中気にしているようですが、やはり春を過ぎて夏になると、

胸元が大きく開いた服を着るようになりますから、

どうしてもバストの大きさや形が目に付いて気になってしまうものです。

他の女性の豊かなバストを横目で見ながら、自分のバストと比べてしまったり。

効果的なバストアップの方法はないものかと考え込んだりしてしまいます。

そもそも、なぜ人によってバストの大きさにこんなに差があるのでしょうか?バストは、

90%の脂肪組織と10%の乳腺から出来ています。

胸の大きさを決めるのは、乳腺の発達の具合だと言われているのですが、

乳腺を発達させるには、女性ホルモンの充分な分泌が必要になってきます。

女性ホルモンが多く分泌されれば、

身体に脂肪が付きやすくなるのですが同時にバストも大きくなっていきます。

バストアップには様々な方法があり、

美容整形外科の豊胸手術を受けるのもバストアップの一つですし、自宅で、

マッサージやサプリメントを用いて取り組むのも一つの方法です。

美容整形外科では、胸にシリコン製バッグを入れたり、

他の部位から取った自分の脂肪を注入するなどのいわゆる豊胸を行なったり、

女性ホルモン注射することによってバストアップを目指す方法がよく行なわれています。

ただ、そこまでの勇気とお金がなかなか出せない場合には、

自宅で時間をかけてバストアップする方法もありです。

様々な方法があるために様々な情報が流れています。

自分に一番あった方法で取り組むことが確実なバストアップにつながると思います。

まずは、情報収集をすることをお勧めします。
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか… - ジャンル : 日記

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。